Welcome to my blog

Stigma - in the public_enemy -

ARTICLE PAGE

[映画] 名探偵コナン ゼロの執行人

  • CATEGORY映画
  • PUBLISHED ON2018/ 05/ 28/ 06:53
  • COMMENT0
あらすじ:
 東京サミットが開催される東京湾の新施設、
 エッジ・オブ・オーシャンで爆破事件が起こる。
 サミット前に爆破事件が起きたことと、全国の公安警察を
 コントロールする警察庁の秘密組織“ゼロ”に所属する
 安室透の不可解な動きに、コナンは違和感を抱く。
 そして、毛利小五郎が事件の容疑者として逮捕され……。
 シネマトゥデイより。

監督は、立川譲。

劇場版『名探偵コナン』シリーズの22作目。
幾つか見損ねたものがあるけれど、ずっと見続けてきているなぁ。

本作は第15作『沈黙の15分』から第21作『から紅の恋歌』まで
7作連続で務めた静野孔文からの監督変更だったので、
どんな感じかと思っていましたが、人間関係へのフォーカスは少なめで
かなり事件フォーカスな構成になっていたように思います。

今回は最初からインパクトのある始まりで、
小五郎さんが逮捕されるなど、シリアスなシーンが続いていて
いつものホッと息を抜けるシーンが少なめな感じです。
緊張感がずっと続いているので、少し疲れるかもしれない。
しかし、物語としては面白かったなぁ。

コナン映画は時代時代のキーアイテムが入っているのが面白い。
今回はIoTに関する犯罪だったのが面白かった。

劇場版シリーズの定番となっているエンディング後の
次回作の予告は怪盗キッドによるもの。次は怪盗キッドの話かな。
個人的には劇場版しか追っていないので、物語のキーとなるような
アニメを見ていない人達へのアニメフォロー映画も嬉しいのだけれども。

今回も警視庁関連の見た事のないキャラクターが
多く出演していたな、と。きっと原作やアニメには出ているのだろう。

そういえば、今回は蘭ちゃんの活躍が少なめですね。
相変わらず、コナン君は人間とは思えないアクションシーンを
出してきますけれども。安室さんもカーアクションが凄い。
声の演出から、車というよりもガンダムを操縦しているような…(苦笑

今回、やたら安室さんがキャーキャー言われているので
どんなものかと思っていたけれど、個人的にはエンディングテーマの
福山雅治「零 -ZERO-」の方が、よっぽどイケメンだった気がするのでした。

今年も無事にコナン映画が観られて良かった。面白かった。
来年もまた観れますように。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment