FC2ブログ

Welcome to my blog

Stigma - in the public_enemy -

ARTICLE PAGE

[映画] アナザー・プラネット

  • CATEGORY映画
  • PUBLISHED ON2018/ 09/ 05/ 06:52
  • COMMENT0
あらすじ:
 ローダ(ブリット・マーリング)は
 ある夜、不思議な惑星が空にあるのを目撃。
 気を取られるあまりに衝突事故を起こしてしまい、
 妊婦と子どもが亡くなってしまう。4年の刑期を経て
 出所したローダは、清掃会社のスタッフとして
 被害者の夫ジョンの家へ定期的に通うことになった。
 だが例の不思議な惑星が、同じ人間が存在する“もう一つの地球”で
 あることを知ってしまい…。

製作総指揮はポール・メゼイ。監督はマイク・ケイヒル。

「もう一つの世界」をめぐるSFストーリー。
「贖罪」というテーマを絡ませたドラマチックな展開が話題を呼び
2011年サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した作品。

上映時間は93分と短いモノの、深く考えさせられる作品。
タイトルからSFものかと思いきや、内容はどうやったら罪を償えるか
悩む女性と、家族を失った男性の絶望と希望をみました。

絶対に許されない罪に悩む女性の孤独が痛々しいし
許しを請う為に行った男性宅で、自分が家族を殺したと言えずに
黙々と清掃会社の一員として掃除し、男性の沈んだ心を
癒していく様子は少しの希望を与えてくれるのだけれど…。

第二の地球の存在と、そこに行けるチケットが
二人の運命をまた変えていく事になるなんて…。

最後の映像が印象的で、
そして全くの不明で、彼らの行く末がとても気になります。

第二の地球には自分と同じ人間が住んでいる事が判明し
彼らがどのようにしているのか。彼らは自分達と同じ過ちを
犯していないのか。気になる事は沢山あるけれど
そういう描写はありません。想像だけです。

個人的には彼女の判断は正しいように思えませんでした。
それが贖罪なのか…。それで幸せになれるのか。
最後に彼女は何を語るのか。

考えさせられる映画だったと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment